トヨタ ヴォクシー 値引き

トヨタヴォクシーの値引き、現在は「28万円」がヴォクシー本体価格からの目標値引き額となっています。

現在のヴォクシーは発売されたのが2014年1月で、マイナーチェンジは2016年1月に行われています。

ヴォクシーは既に発売から3年目でモデル中期ということもあり、場合によってはオプションからの値引きを合わせると、合計「40万円」超えの値引き額になることもあります。

ヴォクシーを値引き交渉に頼らずに安く買う方法

ヴォクシーの値引きの相場や上限は上記の通りなのですが、誰でもこのような値引き額を引き出せるわけではありません。

特に、条件目一杯まで値引きを交渉しようとなると、ヴォクシーが本命であっても、「ノア」「セレナ」「ステップワゴン」との競合は必須です。また、資本違いのネッツ店で「ヴォクシー」同士の値引きを競合させる必要もあると思います。

それには、かなりの時間と労力が必要なため、ヴォクシーを値引きを上記に書いた「40万円」近くまで交渉できる方は、残念ながら少数派のはずです。

でも、実は上記のように面倒な値引き交渉をしなくても、もっと簡単にヴォクシーの総支払額を安くできる方法があります。

下記で紹介するサービスを使うと「40万円」以上、場合によっては「100万円」以上、ヴォクシーの総支払額を安くできる可能性があります。

ヴォクシー購入時の下取り車を高く売る

新車購入時に下取り車がある場合、ほとんどの方はあまり深く考えずにディーラーに下取り車として売却することになると思います。

でも、実はディーラーでの下取り車の査定額は本来の価値と比べてものすごく安いので、多くの方が損をしています。

下取り車を本当の価値で売るには、買取専門店を使う方が絶対におすすめです。

なぜかと言うと、ディーラーで「40万円」の査定額となった7年落ちの車が買取専門店では「140万円」の査定が付いたり、6年落ちのミニバンが買取専門店で「60万円」高く査定されるような事例が多数あるからです。

ディーラーよりも買取専門店が「100万円」以上下取り車に高い査定を付けた例が、こちらのサイトにも体験談としていくつか紹介されています。

>>かんたん車査定ガイド

これだけ査定額に違いがあるにも関わらず、私がセールスマン時代に買取専門店と下取り車の査定額を比べようという方はほとんどいませんでした。

そのためセールスマンの中には、自分の知り合いの買取業者にお客さんを紹介して、その査定額の差額から紹介料を抜いて副収入にしている者がいたくらいです。

買取業者の査定が高い理由

ディーラーでは値引き交渉に熱心なお客さんはいても、下取り車の査定額まで交渉してくる方はほとんどいません。なので、はっきり言ってディーラーでは高額査定する必要性が一切ありません。

ディーラーが下取り車の査定額をアップをするとしても、ヴォクシー本体の値引き額をこれ以上増やしたくない時の切り札としてです。

ヴォクシーの値引きを抑えるための調整弁として、下取り車の査定額を上手に使うのがセールスマンのテクニックでもあります。

なので、ディーラーが査定額を目一杯高く提示してくることは基本的には無いのです。

また、買取専門店では、買取後にオークション、輸出、個人への直販など、様々なルートを持っています。その中で一番高く転売できるルートを基準に値付けできるので、高額査定が出やすくなっています。

© 2017 ヴォクシー 値引き rss